前へ
次へ

鍼灸治療だけに頼ってもよいのか

病院を利用するときはあまり複数の病院を同時に利用するのは良くないでしょう。セカンドオピニオン制度があるので他の病院や医師に聞いたりすることはできますが、その時は互いに医療機関同士で情報を共有してもらいながら行います。同じ病気でも病院で治療方法などが異なると複数で受けることにより問題が出ることもあります。ただ病院と鍼灸治療を同時に利用しながら治療するケースはあります。このときも一応互いの医療機関に伝えておいた方がいいでしょう。では鍼灸治療のみに頼ってもよいかですが、何らかの不調があるときにいきなり利用するのは良くないかもしれません。まずは病院で診察を受けて病気やけがの診断をしてもらいましょう。そして病院で治療を受けて有効であるときに鍼灸治療との併用を考えます。さらに病院での治療を終えて気になる部分があるときはそれ以降鍼灸治療のみを行うケースはあります。病気などの治療は行えるものの、それ一本で行うのは難しいときもあります。

Page Top